京浜精密工業のホームページにようこそ

我が社は「継続した改善」「技術力」「もの造り力」を基に、自動車産業界を通じて社会に貢献できる会社、そしてここで働く全ての人が幸せになる「良い会社」を目指しています。

国境を越えた改善交流

弊社がドイツ フィッシャー社と20年継続してお互いの長所を学び合っている改善交流が、2020年3月9日付け日刊工業新聞の記事で紹介されました。当初は改善手法の切磋琢磨が中心だった交流も変化し、現在はデジタル化にも焦点を当てています。


塑性流動結合

KSKは結合技術を開発し、簡単なメカニカル工程で異材同士の結合を可能としました。特許技術で材料が噛み合い一体となります。ボルト結合、穴あけと組立が不要になり部品の小型・軽量化、低コスト化が可能です。


薄肉/加工レスダイカスト方式

アルミダイカスト部品を軽量化するためには、薄肉化が重要となります。KSKは試作品で最少肉厚0.6 mmの鋳造に成功。現在は量産で薄肉部品をお客様に提供しております。


ワンピースフローライン

KSKは鋳造、仕上げ、加工、検査までのプロセスを一本のラインに統合した、「ワンピースフローライン」を実現しました。そのために「超小型ダイカストマシン」を開発し、コスト、スペース、仕掛在庫、リードタイムのミニマム化を達成しました。2014年にトヨタ自動車の技術開発賞を受賞。


製品

いつの時代であっても機械を操作し、品質を判断するのは人の知恵であり五感。KSKは、どんなに最新鋭機器であっても、“使いこなすのは人間”と言う事を念頭に改善・改良、創造・開発活動を進めてまいりました。 「知恵と五感のもの造り」精神と改善力が全ての製品に反映されています。


テクノロジー

KSKは、製品開発、もの造り技術、製造方法に拘りを持って独自開発を進めてまいりました。現在では様々な革新製品、革新技術を生み出しお客様に提案申し上げると共に御採用頂いております。


大切な事は、人と交わる力であり、行動力、判断力である「人間力」を磨くと共に、謙虚さを持って常に勉強する姿勢です。弊社社員は改善活動を通し、自然に人間力を身に付けています。また、全ての社員が安心し安全に働ける環境の整備に取組んでいます。


改善

「もったいない」、「見える化」をスローガンとして困り事や問題点を導き出し、「改善」に結びつける活動を通じて、お客様が満足する製品をお届けすると共に、従業員の皆が「人間力」、「現場力」を向上すべく自分自身を日夜磨いています。


ニュース&イベント

我々の最新情報をお届け致します。


詳しくは、お問い合わせください。

"Creation based on intelligence
and the five senses"