究極の在庫削減

弊社は、同じ工場で鋳造、加工、組立を一貫で生産する体制を取って来ました。 2011年には、同一ラインで鋳造、仕上げ、加工、検査、出荷までを一貫ラインでCVT用Valve Bodyを生産、在庫を98%削減しています。

ワンピースフローライン

KSKが成し遂げた世界初の「一気通貫生産ライン」

ラインの先頭にダイカストマシンを配置、仕上げ、加工、検査までを『一個流し』生産を実現した「ワンピースフローライン」。コスト、スペース、仕掛在庫などミニマム化を達成し、2014年度トヨタ自動車様から技術開発賞いただいた製造ラインです。現在、3ラインが構築されバルブボディーの生産に効果を上げております。例えばピザ屋になぞらえて、工程間の仕掛り在庫を持たずに、お客様の要求リードタイム内に生産しお届けする。『デリバリーピザショップ』のようなもの造りを実現しています。

新開発ダイカスト
省スペース、省エネルギー、高品質、高生産性に対応した「世界初の超小型ダイカストマシン」を開発。
IoT
さらに鋳造品質モニタリングシステムを導入。

トヨタ自動車技術開発賞

無人ライン

コンセプトは、IoTを駆使した1つの製品に拘ったもの造り.

各工程の製造条件を製品毎に把握し、ビッグデータを活用した不良撲滅に取り組んでいます。QRコードを活用し鋳造工程⇒仕上げ⇒T5処理⇒マシン加工⇒検査⇒出荷までの各工程で、製品状態を監視し『良い製品』のみを次工程へ流すトレサビリティー管理を実施、且つハンドリンをロボット化して人は最終検査に集中しています。

詳しくは、お問い合わせください。

"Creation based on intelligence and the five senses"

製品

いつの時代であっても機械を操作し、品質を判断するのは人の知恵であり五感。KSKは、どんなに最新鋭機器であっても、“使いこなすのは人間”と言う事を念頭に改善・改良、創造・開発活動を進めてまいりました。 「知恵と五感のもの造り」精神と改善力が全ての製品に反映されています。


改善

「もったいない」、「見える化」をスローガンとして困り事や問題点を導き出し、「改善」に結びつける活動を通じて、お客様が満足する製品をお届けすると共に、従業員の皆が「人間力」、「現場力」を向上すべく自分自身を日夜磨いています。