技と匠の粋を集めたKSKテクノロジー

KSKは、製品開発、もの造り技術、製造方法に拘りを持って独自開発を進めてまいりました。現在では様々な革新製品、革新技術を生み出しお客様に提案申し上げると共に御採用頂いております。

革新技術

革新技術で未来を開く

弊社は創業当時から、「品位の高い製品を造り社会に奉仕する」事を念頭に置いて新技術の開発に推進してまいりました。現在は新製品・新工法・新方式等様々な革新技術を創造しています。


一貫生産

究極の在庫削減

弊社は、同じ工場で鋳造、加工、組立を一貫で生産する体制を取って来ました。 2011年には、同一ラインで鋳造、仕上げ、加工、検査、出荷までを一貫ラインでCVT用Valve Bodyを生産、在庫を98%削減しています。


ダイカスト技術

鉄製部品からの置き換えを加速

軽量で環境に優しく、リサイクルし易いアルミニュームダイカスト。当社は高強度・高密度・高精度製品製造技術を基にして、鉄製部品からの置き換えを進めています。 又、更なる軽量化に向けて薄肉ダイカスト、加工レスにも挑戦しています。


加工技術

内製化を軸に高品質・高精度な体制実現

設備内製化70%、冶具内製化100%によりお客様が様々な加工要求を完全に満足して頂く体制を実現させると共にIoTやAIを導入し次世代型生産方式を追求しています。


開発

独自の革新技術開発・提案型企業

軽自動車から大型トラックまで、ミッションコントロールシステム開発と様々な革新技術開発をテアダウン、市場調査や産学連携、そして独自の基礎研究を基にして お客様に提案しています。


品質保証

常に品位の高い製品をつくり、社会に奉仕すること

私たちは社是にある、「我が社は、常に品位の高い製品をつくり常に社会に奉仕することを忘れない。」に基づき100%品質保証をしています。


詳しくは、お問い合わせください。

製品

いつの時代であっても機械を操作し、品質を判断するのは人の知恵であり五感。KSKは、どんなに最新鋭機器であっても、“使いこなすのは人間”と言う事を念頭に改善・改良、創造・開発活動を進めてまいりました。 「知恵と五感のもの造り」精神と改善力が全ての製品に反映されています。


改善

「もったいない」、「見える化」をスローガンとして困り事や問題点を導き出し、「改善」に結びつける活動を通じて、お客様が満足する製品をお届けすると共に、従業員の皆が「人間力」、「現場力」を向上すべく 自分自身を日夜磨いています。