国内唯一のミッションコントロールシステム開発機能を保持

軽自動車から大型トラックまで、ミッションコントロールシステム開発と様々な革新技術開発をテアダウン、市場調査や産学連携、そして独自の基礎研究を基にしてお客様に提案しています。

テアダウン

分解解析により様々な視点、広い視野で最適な創造活動を

他社の製品と自社製品を比較分析し、自社の技術の向上やコストダウンを実現するための創造活動に活用しています。また、技術トレンドを把握する場でもあります。テアダウンにより得られた技術情報を一元管理。積極的な比較分析により 最適な設計構造を創造しています。

海外市場調査

「海外市場調査」結果を製品開発に積極的に採用

新興国において、シンプルで低コスト部品構造、そしてEV先進国の現状を調査する事によって、当社独自のワンモーター技術の応用とリバースイノベーションを加速し、将来製品の開発と、現地で求められる品質、コスト、顧客要求を現状製品仕様に取り入れています。

自社開発

自動車産業の未来を見据え、既成の概念を一歩越える

将来の自動車のEV化、自動運転化に向けて、当社として何ができるのか。専門領域にとらわれない発想、スタッフ一人ひとりの持てる能力、秘めたる英知・感性が存分に発揮できる研究・開発環境を備え、お客様の要求性能も対し常に新しい開発提案を行っています。

実験設備

開発提案から実験評価まで、万全の設備体制

テクニカルセンターでは、常設ベンチマークルーム、3次元、2次元CAD、各種実験装置、解析装置、試験車両等、KSKでの設計品質の確認・検証を行うための設備、試験車両を万全に整えています。

製品提案

技術力を強みとする「匠」の精神で開発提案

KSKは、国内唯一のトランスミッション・コントロールのシステムメーカーとして、軽自動車から大型トラックまで、お客様のニーズに合わせた製品を開発提案から、設計、解析、実験評価まで一貫した体制で、自社開発ならびに代行開発を進めています。

基礎研究

EVシフト化に、対応。 モーターやモーター制御技術、薄肉化や加工レスの基礎研究に着手

ガソリン・ディーゼル車から電気自動車(EV)へ移行する「EVシフト」が世界で加速する中、自動車業界は100年に一度といわれる大転換期にさしかかっています。 KSKでは、これらの変化をしっかりとキャッチし、新規開発製品に活かしていける様、モーターやモーター制御技術、薄肉化、加工レスなどの基礎研究を行っています。

詳しくは、お問い合わせください

特許取得事例

知的財産権の取得、有効活用を積極的に推進
 

◎金属部材結合構造

硬度差を有する金属製の部材を結合する金属部材結合構造。

部材の軸端を、段部を有する穴材に段部に当接するまで挿入し、硬度の低い部材を軸穴内で塑性流動させることにより部材間を結合する。
 

◎金属部材結合構造及び装置

硬質な材料の部品にあらかじめ溝を加工しておき、軟質な材料の部品を加圧して溝部に材料を流動させることによって部材間を結合する、塑性流動結合を利用した金属部材の結合構造及び結合装置。
 

◎可倒式シフトレバー

横可倒機構に加え、前後3段にノブ位置を可変できるチルト機構付きシフトレバー。
 

◎ATセレクトレバー

マニュアル:トランスミッション用シフトレバーをベースとした、横可倒機構付きオートトランスミッション用セレクトレバー。
 

◎電動パワーシフト

電動モーター、減速機、センサー、コントローラを備えたシフト操作力軽減装置の構造、制御。
 

◎AMT シフトレバー

シフトレバーの移動経路を案内するガイド機構とシフトポジションに位置決めするディテント機構を一体に形成したAMT(Automated Manual Transmission)用シフトレバー。

産学協同でより強靭な研究・開発の仕組みを構築

「発想力」、「技術力」、さらに「学術力」を加えることで、より強靭な研究開発の仕組みを構築するため、工業大学の研究室との産学共同研究開発体制を整えました。工業大学研究室の知見を商品開発に活用しております。

現在、KSKが誇る軽量・薄肉化技術の進化、応用技術の充実を目指し、さまざまな共同開発を推進しています。

詳しくは、お問い合わせください

製品

いつの時代であっても機械を操作し、品質を判断するのは人の知恵であり五感。KSKは、どんなに最新鋭機器であっても、“使いこなすのは人間”と言う事を念頭に改善・改良、創造・開発活動を進めてまいりました。 「知恵と五感のもの造り」精神と改善力が全ての製品に反映されています。


改善

「もったいない」、「見える化」をスローガンとして困り事や問題点を導き出し、「改善」に結びつける活動を通じて、お客様が満足する製品をお届けすると共に、従業員の皆が「人間力」、「現場力」を向上すべく自分自身を日夜磨いています。


大切な事は、人と交わる力であり、行動力、判断力である「人間力」を磨くと共に、謙虚さを持って常に勉強する姿勢です。弊社社員は改善活動を通し、自然に人間力を身に付けています。また、全ての社員が安心し安全に働ける環境の整備に取組んでいます。