内製化を軸に高品質・高精度な体制実現

設備内製化70%、冶具内製化100%によりお客様が様々な加工要求を完全に満足して頂く体制を実現させると共にIoTやAIを導入し次世代型生産方式を追求しています。

設備内製化

『もの造りのこだわり』

生産設備・治具の内製化に、設計から製作・調整まで自社で取り組んでおります。安全で高品質のもの造りを短納期、低コストで実現しています。お客様の要求品質を設計変更への迅速な対応を含めて100%満足するもの造りを進めております。

IoTへの取り組み

良いもの造りにつなげる、IoTへの取り組み

KSKの目指すIoTは、「すべての設備機器・システムとつながる」「改善とつながる」「人の成長につながる」その結果が、「良いもの造りにつながる」ことです。KSKはIoTを活用した稼働状況や品質、オペレーションのリアルタイム情報を基にAIを使ったデータの「視える化・分析」結果に「人の知恵」をプラスして、更に「フレキシブル性の高いもの造り」を展開していきます。

詳しくは、お問い合わせください