革新技術で未来を開く

弊社は創業当時から、「品位の高い製品を造り社会に奉仕する」事を念頭に置いて新技術の開発に推進してまいりました。現在は新製品・新工法・新方式等様々な革新技術を創造しています。

スーパーフレキシブルライン

効率的な混流生産の新ライン「もの造りの寿司屋」

例えば、「1個だけの注文にもどう素早く応じられるか」。そんなテーマに取り組んだのが「スーパーフレキシブルライン」の構築。同型加工機械を複数台配置し、治工具・USBによるプログラムの移管で、異なる製品を1個づつから生産できる体制が取れており、在庫を持たずに多品種の製品を少量生産できる特徴を持っています。

USBを使ったプログラムデータの移動

治具の外段取り風景

A製品➡B製品への切り替え

段取り時のバーコードで相関チェック

塑性流動結合

ボルトによる結合から工程もシンプルに。

塑性流動結合は、自動車をはじめとする各種機械部品において高まる低コスト・軽量化ニーズに対応するため、2013年にKSKが独自開発した技術です。

34%
コスト削減
18%
軽量化

旧製品(ボルト結合)

旧製品断面

現行製品断面

塑性流動結合部

塑性流動結合-樹脂とアルミ

アルミダイカスト部品と樹脂部品の塑性流動結合技術を開発。大幅な軽量化の実現が可能。

KSKでは、塑性流動結合によるアルミダイカスト部品と樹脂部品の結合技術」を開発。樹脂部品に結合溝を設けることによって、アルミダイカスト部品の下処理などを必要とせずに常温で、アルミダイカスト部品と樹脂部品の結合を可能としました。

カットモデル

詳しくは、お問い合わせください

ワンモーターワンクラッチ

軽量、コンパクトな電動シフトコントロールを開発

従来の電動シフトコントロールシステムは、シフト、セレクト用に2つのモーター、もしくは3つのソレノイドを使用していました。KSKでは、動力源となるモーターにクラッチを組み合わせることで、1つのモーターでシフト動作とセレクト動作を可能にし、商用車用に従来に対して、△20%から60%の重量削減、スペースの半減を実現しました。更には、小型乗用車用の設計を完成させ、試作品の評価を実施中です。

60%
軽量化
50%
スペース
現行品(2モーター)
開発品(1モーター)

詳しくは、お問い合わせください