鉄製部品からの置き換えを加速

軽量で環境に優しく、リサイクルし易いアルミニュームダイカスト。当社は高強度・高密度・高精度製品製造技術を基にして、鉄製部品からの置き換えを進めています。 又、更なる軽量化に向けて薄肉ダイカスト、加工レスにも挑戦しています。

セミホットチャンバー方式

耐圧高強度アルミダイカスト

セミホットチャンバー方式は、溶湯が空気に触れずに金型内に注湯されます。そして低速充填と縦射出により、充填中の空気の巻き込みが少なく、ガス欠陥が少ない高密度の優れた製品が成形されます。熱処理が可能となり、従来は他材料で製造していた製品のアルミ材への材料置換が実現し、軽量化が可能となります。

55%
軽量化
30%
コスト削減

高強度(T6熱処理実施)

空圧機器部品

油圧機器部品

高圧燃料噴射装置部品

詳しくは、お問い合わせください

センターゲート方式

高真円度アルミダイカスト

円形部品製造に際して、溶湯を製品中心部から放射状かつ均一に充填できるセンターゲート方式を採用。充填バランスが良くなり、寸法精度が向上して真円度0.08を加工レスで達成。また、鋳巣低減、金型延命が可能となります。乗用車AT用ハブ,乗用車AT用ドラム等、これまで鉄プレス成形品だった耐磨耗性を要求される高精度円形部品にも、センターゲート方式とハイリシコン合金を採用し、アルミダイカスト化に成功しています。

50%
軽量化
5-20%
コスト削減

乗用車CVT用ピストン

乗用車AT用ハブ

乗用車AT用ドラム

乗用車AT用ピストン

詳しくは、お問い合わせください

薄肉/加工レスダイカスト方式

軽量化に対するKSK先端技術

自動車産業において、EV,PHV等の需要拡大に伴い、自動車の軽量化は大きな課題となっています。アルミダイカスト部品を軽量化するためには,薄肉化が重要となりますが、最少肉厚0.6mmの鋳造に成功。現在は量産部品で薄肉試作品を造り、お客様へ軽量化のご提案を行っており、既に或るお客様にはご採用頂いております。又、コスト削減及び環境面を考えた『加工レス』を合わせて取り組んでいます。

従来品

開発品

従来品

開発品

詳しくは、お問い合わせください