知恵と五感、改善力が全製品に

いつの時代であっても機械を操作し、品質を判断するのは人の知恵であり五感。KSKは、どんなに最新鋭機器であっても、“使いこなすのは人間”と言う事を念頭に改善・改良、創造・開発活動を進めてまいりました。 「知恵と五感のもの造り」精神と改善力が全ての製品に反映されています。

1. 鋳造製品

ダイカスト部品-HV,PHV向け部品

ハイブリッドモーター、電動ユニットへの取組み

今後、ボリューム増加が見込まれるHVやPHV。 KSKでは、乗用車ハイブリッド用モーターウォタージャケットカバー、ハウジングカバーの製品化の経験を活かし新たなHV、PHVの部品の製品化に取り組んでいます。

HV用ウォーターモータージャケット
HV用ウォーターモータージャケット
HV用ウォーターモータージャケット
HV用ハウジングカバー

高精度ダイカスト部品

センターゲート方式生産部品

円形製品へ溶湯を放射状に均一に注ぎこむことで円形部品の寸法精度を向上させ、加工レスを実現。

乗用車AT用ドラム
乗用車CVT用ピストン
乗用車AT用ピストン
乗用車AT用ハブ

高強度・高密度ダイカスト部品

セミホットチャンバー方式生産部品

セミホットチャンバー方式を採用することによって、鋳巣が極めて少なく、高密度部品が製作可能。T6処理を施すことで強度は20~30%UP、鉄系の強度部材からアルミダイカスト材への材料置換による大幅な軽量化が実現できます。

燃料噴射装置用カバー
中型トラックフロントカバー
中型トラック用エンジンフット
中型トラック用パワーシフトケース

塑性流動結合部品

異材同士の結合技術を確立

鉄系部材とダイカスト部材の結合が可能。ボルト結合から塑性結合に変わることで、小型・軽量化、低コスト化が可能。

アクチュエーターハウジング

一般ダイカスト部品

高機能・高品質そして加工レスを実施

CVTバルブボディーやAT用リアカバーのような高機能・高品質部品の製品化を実現。

乗用車CVT用バルブボディー
乗用車用リテーナー
小型トラック用リアカバー

詳しくは、お問い合わせください。

2. ミッションコントロール部品

チェンジレバー

軽自動車から大型トラックまで幅広い製品群

独自に開発した横可倒機構(特許取得)を備えた最新鋭の小型トラック用チェンジレバーは、2トン車以上のM/Tチェンジレバーの国内シェア60%を獲得しています。

中型トラック用チェンジレバー
中型トラック用チェンジレバー
乗用車用チェンジレバー
中型トラック用チェンジレバー
乗用車用チェンジレバー
乗用車用チェンジレバー

AMTシフトレバー

接触式センサー採用で、大幅なコストダウンを達成

当社が独自に開発したガイド機構とディテント機構を一体化した機構(特許取得)を採用することにより、軽量、コンパクト化、大幅なコストダウンを可能としています。

AMTシフトレバー

コントロールボックス

小型ピックアップから大型トラックまで対応

小型トラックから大型トラックまでのコントロールシステムを提案致します。 中型トラック車用として、シフト操作力を軽減するパワーシフトを一体化したコントロールボックスを開発。軽量、低コスト化を図っています。

ピックアップトラック用
中型トラック用
小型トラック用
大型トラック用
中型トラック用
中型トラック用

パワーシフト

従来比1/3の超軽量化を実現。国内シェア約90%獲得

KSKオリジナルパワーシフト(特許取得)は、従来比1/3の超軽量化を達成するとともに、低コスト、コンパクト化を実現しています。現在、中型トラック車で国内シェアの約90%を獲得しています。

パワーシフト

詳しくは、お問い合わせください。

開発

軽自動車から大型トラックまで、ミッションコントロールシステム開発と様々な革新技術開発をテアダウン、市場調査や産学連携、そして独自の基礎研究を基にして お客様に提案しています。


テクノロジー

KSKは、製品開発、もの造り技術、製造方法に拘りを持って独自開発を進めてまいりました。現在では様々な革新製品、革新技術を生み出しお客様に提案申し上げると共に御採用頂いております。


改善

「もったいない」、「見える化」をスローガンとして困り事や問題点を導き出し、「改善」に結びつける活動を通じて、お客様が満足する製品をお届けすると共に、従業員の皆が「人間力」、「現場力」を向上すべく 自分自身を日夜磨いています。