KSKのDNA、改善

「もったいない」、「見える化」をスローガンとして困り事や問題点を導き出し、「改善」に結びつける活動を通じて、お客様が満足する製品をお届けすると共に、従業員の皆が「人間力」、「現場力」を向上すべく 自分自身を日夜磨いています。

ボトムアップとトップダウン

KSK改善-ボトムアップとトップダウンの融合

継続したKSK改善の推進力は社員全員の高いモチベーションを保持することであり、その為に長年 ボトムアップ体制を構築・整備してまいりました。 又、高い品質の確保、新技術の創造、基礎研究はトップダウンの下、日夜挑戦し続けています。

改善活動行動指針

KSK改善指針-もったいない、見える化、改善

社員が改善活動を進めるうえでの指針。 自分の周りのムダと困りごとを「もったいない」の考えで炙り出し、「見える化」で、誰でも判る様にする、そして真因を解析し、「改善」に結び付ける事です。

「脈々と受け継がれる、KSKもの造り哲学(アナログとデジタルの融合)」

デジタルの世界が進んでも、システム・設備・機械を造るのは人であり、その改善・改革を進めていくのは人の知恵です。そして機械の異常や問題を先回りして発見し、解決していくために、人間の「五感」が必要になります。知力と匠の技、五感を使って、デジタルのもの造りにアナログの感性を入れ込むことこそ、KSKもの造り哲学です。

詳しくは、お問い合わせください

改善事例全社大会

成長と改革を支える人造りに注力しています。

1年間の改善活動の成果確認、さらなる改善への意欲増進などを目的に毎年7月に開催される「KSK改善事例全社大会」。社内で勝ち抜いた9チームそして海外からの参加チームも含め、「知恵と五感のモノづくり最優秀賞」を目指して改善力を競い合います。

250人
改善事例全社大会出席者
31チーム
小集団に別れ日々改善活動

主要メンバーの「頑張ろう!」

大会風景

審査員の真剣な眼差し

発表風景

小集団活動

KSK改善活動の基本
全従業員が、31チームに分かれた小集団に別れ日々改善活動を実施しています。各部門長が世話役となり毎週活動を実施し、毎月の社長、改善顧問診断を通して進められる、活性化した改善の基本を司る活動です。

もの造りと改善のキー、人間力を育成。 匠道場「入江塾」

いかにデジタル化した世の中であっても、機械を操作し、品質の善し悪しを判断するのは人の知恵であり五感。 そして活性化した改善を推進するのも人。入江塾ではもの造りと改善のキーになる人間力の育成に力点を置いています。

教育風景(実習)

教育風景(座学)

教育風景(実習)

教育風景(実習)

詳しくは、お問い合わせください

革新技術

弊社は創業当時から、「品位の高い製品を造り社会に奉仕する」事を念頭に置いて新技術の開発に推進してまいりました。現在は新製品・新工法・新方式等 様々な革新技術を創造しています。


大切な事は、人と交わる力であり、行動力、判断力である「人間力」を磨くと共に、謙虚さを持って常に勉強する姿勢です。弊社社員は改善活動を通し、自然に人間力を身に付けています。また、全ての社員が安心し安全に働ける環境の整備に取組んでいます。